So-net無料ブログ作成
検索選択


げんしけん 二代目 11話 感想【いい最終回だった(斑目的に)】ネタバレあり [アニメ感想]

げんしけん 二代目 11話。

ついに斑目告白回キタ━(゚∀゚)━!!

もう負けフラグしか立ってないから、
恵子とハトちゃんが告白のお膳立て始めるシーンを
原作で読んだ時は胸がギリギリと苦しくなった・・・。


春日部さんが何も言わなくても全てを察して、

どうなるかは私は知らないよ。それは斑目次第でしょ?

って言うシーンは、さすが咲さんって思った。
やっぱり本人も斑目さんの気持ちに気づいていたんだ。
彼女のこういう察しの良さとか大人の対応できるところとか好きだな。

あと、あの状況で空気読んで出て行く高坂もすごい。
あれだけで今の状況読める所もすごいけど、
自分の彼女に告白させる状況をあえて作ってあげられる器のでかさがすごい。

高坂自身が斑目のことが好きってのもあるだろうけど(ホモ的な意味じゃなくてw)、
やっぱり、こいつにはかなわないよな~って思ったw


斑目次第って言っておいて、
結局告白にもっていけるように話振ってあげる咲さんがいい。

っていうか、本当に斑目さん次第にしてたら、
話が全然進まないと思うw

しかも、その告白セリフが、

君はあの時、ハナゲが出てたんだ!!

ここで好きって言えない所がすごく斑目らしい告白で泣ける。


でも、二代目が初見の人だと
告白だって気づかないんじゃないか?www

咲さんに鼻毛出てるの気づいた斑目がそれをどうするか四苦八苦してる回。

あそこで斑目さんが春日部さんに対してフラグ立った!
って感じになって。

私はアニメ初代の1期であの回を見て斑目さんに惚れたんだったw


二代目は、旧声優から新声優に変更したけど、
やっぱりこの回は旧声優で見たかったな~。

もうすっかり馴染んだ声だけど、
このシーンだけは檜山と雪野さんの声で聞きたかった・・・。

あと、高坂の声はやっぱり斎賀さんがいいな。
今の声は女の子っぽすぎて違和感が・・・。


それはそれとして。

あとは、その後で泣いちゃう咲さんを見て涙腺崩壊。

モテ期が到来してる斑目に、

チャンスあるなら一回つきあってみればいいのに」とかなんでもない風に言ってたけど。

斑目の気持ちずっと知ってて、
それでも気づかないフリしてあえてそういうこと言ってた心情を思うと泣けてくる。

あれでいて涙もろくて優しい咲さんが可愛い


本当にいい最終回だった。(アニメはまだ終わってないけどw)

やっぱり、告白して自分の気持ちにケリつけないと、
いつまでも気持ち引きずっちゃうから。

ずっとあの時のまま時が止まってる状況って、
斑目的にも良くないし。

それを知ってて、ちゃんと前進できるように手助けしてくれる仲間がいて、
斑目さんは皆に愛されてるな~って思った。


そういえば、げんしけん 二代目のED。
すごく好きなんだけど、なんか聴いてて切なくなるよな~って思ってたけど。

あれ、歌詞が完全に斑目ソングなんだ。

この回観た後に改めて歌詞見たら涙でた。
甘酸っぱい青春の切なさがいいわ。

あと、11話のED。
斑目さんと咲さんのワンショット入ってる所でも泣いてしまった。


それにしても、
今になって斑目さんの恋の決着を見る日が来るとは思わなかった。

私的には、斑目さんと咲さんがくっつく未来も見たかった~(´;ω;`)

相手が高坂じゃどうしようもないね・・・。

いや、そもそも高坂いなかったら、
斑目と春日部さんの出会いすらなかったんだし。

まぁ、きっとどこか違う世界線では、
斑目さんと咲さんが上手くいってる未来もあるんだろうと思っておこう。

あれはあれでいい形で気持ちの整理がついたと思う。
本人もスッキリしてたしw


モテキ到来の斑目さん。
これからどうなるのかな~?

ハトちゃんが女の子なら個人的にハト押しなんだけど。
物理的にムリか・・・。

女の子の中なら、スーがいいな。
でも、スーって本当にフラグ立ってるの?

斑目に惚れてるようにみえて実は違うってオチがつかないだろうか・・・。

性格的には、恵子かな。
斑目さんのことよく分かってる子だから、上手くいきそう。

だけど、この二人がくっついたら、
将来的には笹原と義理の兄弟になる可能性がwww


この辺は、原作の方をお楽しみってことだね。

早く新刊出ないかな。

ちなみに、今回のアニメ11話。

原作の漫画では告白までのお膳立てシーンが13巻。
斑目と春日部さんが部室に二人きりになるシーンからが14巻に収録されています。

アニメも良かったけど、
この告白回は原作の空気感が好きだな。


★最新刊 げんしけん 二代目の六(15巻) 2013年12月20日発売
DVD付き げんしけん 二代目の六(15)特装版

★斑目告白回収録
げんしけん 二代目の伍(14) (アフタヌーンKC)

木尾 士目 講談社 2013-06-21
売り上げランキング :
by ヨメレバ






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。